2015.09.16

パ・リーグを独走! ソフトバンク工藤監督流「采配の妙」に迫る

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 投手陣も野手同様、調子のいい選手を積極的に起用したことで、新しい戦力が生まれました。バリオスや二保旭がまさにそれで、結局、1年間を通して投手陣全体が不調に陥(おちい)ることがありませんでした。投手陣が安定することで打者にも余裕が生まれ、落ち着いた試合運びができた。

 これまでもホークスは、他球団がうらやむ選手層の厚さを誇っていましたが、今年はレギュラーと控えの力の差がほとんどありませんでした。だから、誰が試合に出てもホークスの野球ができる。競争をあおることで選手個々のレベルがアップし、それがチーム全体の底上げにつながった。それを実践したのは、間違いなく工藤監督だったと思います。

プロ野球 の記事一覧>


関連記事