2015.05.07

楽天・松井稼頭央「選手寿命を延ばすために外野手になった」

  • 大塚光二●インタビュアー interview by Otsuka Kojiスポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • 牛島寿人●写真 photo by Ushijima Hisato

大塚 内野をやっていただけあって、前の打球に対してのチャージの仕方や、捕球してからのスピードはさすがやね。肩も衰えていないし。

松井 でも、外野は難しいです。どうしてもボールに合わせてしまうんです。ドーム球場の場合はまだいいのですが、屋外の球場は風があったりするので、つい打球を目で追ってしまうんです。目で追ってしまうと、打球に追いつくスピードが落ちてしまう。これまで目を切って打球を追うことってなかったので、そこはもっと経験を積まないといけないですね。

大塚 他の外野手を見て、うまいと思う選手はいる?

松井 パ・リーグしかわからないですけど、日本ハムの陽岱鋼やロッテの岡田幸文は無駄な動きがないですよね。打球に対して一直線に入っていきます。あと、ソフトバンクの柳田悠岐はヤバいです。足は速いし、肩もめちゃくちゃ強い。スピードと力強さを兼ね備えていますね。オリックスの糸井嘉男も素晴らしい選手ですけど、将来性を含めれば、柳田がナンバーワンかもしれないですね。

大塚 それでもオレは若い頃の稼頭央の方がすごかったと思う。だって、足を肉離れしているのに100メートルを12秒ちょっとで走ったんやから。そんな選手どこにおる?

松井 ハハハハ。ありましたね。走ることや投げることに関して、昔は誰にも負けない自信がありました。でも今は、彼らの身体能力の高さに驚いています。