2015.03.26

解説者が見るパ・リーグ。「注目は3位争いだ!?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

プロ野球順位予想~パ・リーグ編

 昨シーズンのパ・リーグは、ソフトバンクとオリックスが最後の直接対決で優勝を決するという劇的な幕切れに終わった。今年もこの両チームが中心となってペナントレースは進んでいくのだろうか。それとも大谷翔平擁する日本ハムが2強争いに割って入るのか。大久保博元新監督のもと”超機動力野球”を目指す楽天の躍進はあるのか。解説者7人に今季のパ・リーグを占ってもらった。
(セ・リーグの順位予想はこちら)

開幕絶望となったオリックスのエース・金子千尋。いつ復帰するのか気になるところだ

◎与田剛(元中日、ロッテなど。第2回と第3回WBC投手コーチ)

1位:ソフトバンク
2位:オリックス
3位:西武
4位:日本ハム
5位:ロッテ
6位:楽天

「今年もソフトバンク、オリックスの一騎打ちになるような気がします。ただ、昨年に比べて大きな上積みがあるかといえば、そうではありません。ソフトバンクに不安があるとすればリリーフ陣です。昨年、シーズン最終戦までオリックスと優勝を争ったことで、リリーフ陣にかなり負担がかかりました。その影響は間違いなく出ると思います。そこをうまく乗り切ることができるのか注目です。

 オリックスはオフの大補強がうまく機能しているとは言いがたい。特に野手は、中島裕之(←アスレチック傘下)、小谷野栄一(←日本ハム)、ブランコ(←DeNA)を獲得しましたが、ポジションが被っていて、今ひとつどういった起用をするのか見えてきません。中途半端な使い方になってしまったら、チームの士気にも関わってきます。森脇浩司監督の手腕が問われるでしょうね。

 この2チームに対抗するのが西武だと思います。目立った強さはないのですが、投打のバランスがいい。計算できる先発陣がいて、抑えも『打ちづらい』と評判の高橋朋己がいる。打つ方でも中村剛也、浅村栄斗をはじめ、実績のある打者が揃っている。十分にチャンスはあると思います」