2014.10.15

秋山監督辞任を乗り越え、ソフトバンクは再び輝けるか?

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • 繁昌良司●写真 photo by Hanjo Ryoji

 電撃発表だった。10月14日、クライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージの開幕を前日に控えたこの日、ソフトバンクの秋山幸二監督が緊急会見を開き、今季限りでの退任を発表した。「一軍の監督を務めて6年。二軍監督、コーチを含めると10年ということで、自分の中で区切りをつけたいと思っていました」と、会見の中でその理由を語った。

勝てば優勝が決まる10月2日のオリックス戦に先発して好投した大隣憲司

 ソフトバンクのナインは全員と言っていいほど、当日朝の報道を通じてその事実を知った。「本来ならば明日からCSが始まるところ。本意ではない。自分の中でも困っている」と秋山監督。その上で「雑音をシャットアウトしたかった」と、この日の全体練習を前にコーチ、選手、スタッフを集め自らの口で退任を打ち明け、王貞治球団会長とともに「明日から集中して戦おう」と改めてチームの結束を確認し合った。

 内川聖一は「朝、嫁に起こされてびっくりしました」と話し、「何もなく普通に(CSを)迎えられたらよかったですが……」と少なからずの動揺も感じさせた。しかし、秋山ホークスの主軸として働き続けたヒットマンは、秋山イズムを体現しようと努めていた。

「監督がはっきりと『雑音を封じて』と口にしたというのは、僕ら(選手)はその思いを理解してきちんと気持ちの整理をつけて、明日から臨まないといけないという意味だと思います。日本一を目指すという目標は変わらないし、『監督のために』というのは自然となっていく。僕らがバタバタしてしまうとチームとして上手くいかなくなってしまうので、15日球場に来るまでにしっかり整理してきます」

 この出来事を予期したわけではなかったが、内川は前日にこのような話をしていた。

「すべてが予定通りにことが運ぶわけではないですからね。プラスに捉えないと」

 すでに想定外の出来事は起きていた。ソフトバンクはCSに向けた調整として、宮崎で行なわれているフェニックスリーグに参戦して4試合を行なう予定だった。しかし、先頃の台風19号の影響を避けるため、たった1試合だけで福岡にとんぼ返りせざるを得なかったのだ。その後、本拠地ヤフオクドームで紅白戦を2試合行なったが、一部選手からは「実戦勘を取り戻すという意味では痛いですね」という声も聞かれた。