2014.09.09

阪神、逆転Vへ。巨人3タテの「ふたりのキーマン」

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 一方の野手はどうか。藪氏がキーマンに挙げたのが鳥谷敬だ。

「名実ともに、今の阪神のリーダーは鳥谷なのですが、ここまで優勝を意識した言動をとっていません。淡々とプレイするのは彼の良さでもあるのですが、こういう競った戦いになるとメンタルの部分が大きく左右してきます。『絶対に3連勝するんだ!』といった闘志を前面に出した発言で、チームを奮いたたせてほしいですね。キャプテンマークをつけているわけですから、こうした大事な局面ではむき出しの闘志も必要だと思うんですよね」

 同じく阪神OBの矢野燿大氏も鳥谷に期待する。

「彼がどこまでチームを引っ張っていけるか。この3連戦は鳥谷のリーダーシップに期待したいですね」

 確かに、鳥谷は自分の役割を黙々と果たすところに個性があり、そうした姿勢を高く評価する人もいる。しかし、久しぶりにめぐってきた優勝のチャンスでは、殻を破る言動があってもいいのではないか。

 そして最後に、巨人に3連勝するためのポイントを聞くと、両者から「一体感」という答えが返ってきた。

「鳥谷を中心にいかにひとつにまとまるかが重要です。この3連戦はただの3連戦と違います。その雰囲気を選手ひとりひとりが感じることができれば、自ずといい戦いができるはずです」(矢野氏)

「こういう大事な試合になると、ベテランの力が必要になってきます。今の阪神でいうと、福留孝介や新井貴浩、関本賢太郎あたりでしょうか。彼らの使いどころ次第では、ベンチがひとつにまとまるきっかけになる。とにかく、チーム全員で巨人を倒しにいかないといけない」(藪氏)

 はたして、甲子園で奇跡を起こすことはできるのか。阪神の今シーズンの命運をかけた戦いがまもなく始まる。

関連記事