2014.07.28

元同僚たちが語るルナ「誰もアイツの活躍に驚いてないよ」

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • photo by Nikkan sports

 エクトル・ルナ(中日)は毎年のように所属するチームが変わる典型的な"ジャーニーマン"だった。ルナは1999年、19歳の誕生日の翌日、ドミニカ共和国からアマチュアのフリーエージェントとしてクリーブランド・インディアンスと契約を交わした。その後、タンパ・レイズに移籍し、2003年4月に再びインディアンスに戻ってきた。

現在、セ・リーグの首位打者に立っているルナ。

 その後、2003年12月にセントルイス・カージナルスに移籍すると、2004年4月8日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で7番・セカンドでスタメン出場し、ついにメジャーデビューを果たした。ちなみに、この日のスタメンには1番・レフトで田口壮、3番・ファーストでアルバート・プホルスらも名を連ねていた。

3回にメジャー初打席を迎えたルナは2球目を叩くと、打球はレフトスタンドに飛び込んだ。衝撃のメジャーデビューを飾ったルナだったが、この年は83試合の出場にとどまり、打率も.249と思うような結果を残せなかった。翌年もカージナルスでプレイしたルナだったが、出場は2004年よりも少ない64試合だった。

 すると2006年のシーズン中、カージナルスはルナをインディアンスへ放出。そしてその翌年にはトロント・ブルージェイズのユニフォームを身にまとっていた。その後も毎年のように転々と球団を渡り歩いたルナは、アメリカでの13年間でじつに9つの球団に在籍した。

 ところが、2013年に中日の新外国人として来日したルナは、ようやく才能を開花させた。昨年は7月に膝の故障で戦線離脱し、85試合の出場にとどまったが打率.350をマーク。結局、規定打席に到達せず首位打者のタイトルは逃したが、能力の高さを証明してみせた。そして今季もここまで打率.337を残しており、セ・リーグの首位打者に立っている。