2014.07.18

後半戦のキーマン!? あの斎藤佑樹が戻ってきた

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Nikkan sports

 今宮を歩かせながら牽制で刺し、3番の内川聖一をサードゴロに打ち取って、斎藤は立ち上がりをゼロに抑えた。

 2回の斎藤は、李大浩を右のバッターボックスに迎える。厳しくインサイドを攻め込み、レフトフライに打ち取った。そして5番の長谷川勇也。

 このとき、斎藤がさり気なく、プレートの真ん中を踏んだ。

 まさか......。

 斎藤は左バッターの長谷川に対し、外のストレートで攻めた後、インコースの膝元にスライダーを投げて追い込み、最後はインコースのストレートで詰まったショートゴロを打たせた。

 そして6番、柳田悠岐が左バッターボックスに入る。

 斎藤は、プレートの真ん中を踏んだままだ。

 このとき、確信した。

 そうか、斎藤は左バッターに対し、プレートの真ん中を踏み、右バッターに対しては三塁側を踏んでいるのだ。

 大学時代から時折、そうした工夫を見せたことはあったが、最近は真ん中なら真ん中、三塁側なら三塁側を踏んで投げていただけに、これには正直、驚いた。おそらくは、左バッターへのインコースをさらに厳しく突くのが狙いなのだろう。

 ぶん回してくる飛ばし屋の柳田に対し、斎藤は初球からインコースを徹底的に突く。インコース高めのスライダーをファウルさせ、膝元に一球見せて、なおインコース高めにスライダー。このファウルで追い込んでから、インハイへストレート。強引に振りにいった柳田の打球は、力なくファーストの前へ転がる。スリーアウト、チェンジ。2回を投げ終わったところで、この日の斎藤の宣戦布告がハッキリと聞こえてきた。

 ストレートを、ストライクゾーンへ、そして勝負どころではインコースへ――。