2013.08.30

ついに才能開花。梶谷隆幸はDeNAの救世主となれるか?

  • 高森勇旗●文 text by Takamori Yuki
  • photo by(C)YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

 この言葉によって、梶谷は自分の取り組んでいることが間違いではなかったという確信を得た。そして中村はこう付け加えた。

「今のスタイルを変えるな。たとえ打てなくなってきても、とにかく振るんだ。振ることで、いかにして打つかを覚えるんだ。迷うなよ」

 梶谷は言う。

「ノリさん(中村)から言われる何気ない一言が、本当にためになる。本当に、ひと言ひと言が心に刺さる」

 言葉が心に刺さる――こう表現した梶谷。言葉に厳しさと愛が含まれていたからこそ、心に刺さるように伝わったに違いない。中村にしてみれば、殻を破れずにいる梶谷に何とか一人前の選手になってほしかったのだろう。

 そして梶谷は今季、ひとつだけ心に決めていることがある。それは、球場に来る際、新しい気持ちで来ることだ。一見、簡単そうに思えるかもしれないが、実は難しい。昨年、中畑清監督の期待もあって多くの試合に起用された。だが、思うような結果を残せず、ファンやマスコミから厳しい言葉がとんだ。周囲の期待、結果を出さなければという重圧……あらゆるものに押し潰されそうになって、球場に行くのも怖くなった時期があった。そこで今年は、どんな時でも過去を断ち切るということに全力を注ぐことを決めた。結果が出ようが出まいが、次の1打席を大切にする。

「みんなも言うけど、やっぱり野球はメンタル。どこまで普通にやれるか、平常心だよね。普通にプレイすれば、絶対に結果は出る。自分への期待もすごくある」

 天性の身体能力に加え、メンタル面でも大きく成長した梶谷。身体能力に頼ることなく、冷静に観察し考えてプレイするスタイル、豊富な練習量に裏打ちされた自信、それらすべてが今の梶谷の活躍を支えているのだ。悲願のクライマックス・シリーズ進出は、梶谷がカギを握っているといっても過言ではない。

関連記事