2013.02.16

【プロ野球】栗山監督が明かす「大谷翔平に送ったアドバイス」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

昨シーズン、就任1年目でパ・リーグを制した栗山監督 相変わらず、ピンボールのようだ。

 沖縄の名護で行われているファイターズの春季キャンプ。2年目を迎えた栗山英樹監督の姿を追いかけると、フィールドの上をあっちへ動いては誰かと話し、こっちへ動いてはまた別の誰かと話し込んでいる。ときにはコーチと、あるいは評論家として取材に来ている元選手と、そして選手たちと──しかも、栗山監督が誰かと話し込んでいるときは、決まって1対1だ。

「そうですね、なるべく1対1で話すようにしています。そうじゃないと、言葉の掛け方が中途半端になるような気がするんです。僕は、選手と自分との間は誠意を持った関係でなくてはいけないと思っています。その関係を崩してはいけないと思うからこそ、そういうふうに1対1で向き合っていたいと思うんです。ただ、今年は確かに言葉を掛けてはいますけど、これは言わない方がいいかなと思ったとき、それを敢えて言わないように意識することが多くなってますね。言いたいことは溢れてくるんだけど、選手たちのこともわかってきたし、去年のように焦ることもない。去年は何が不安なのか、何をしなければいけないのかということもわかっていなかったし、何もかもを自分でやらなきゃいけないと焦ってた。はじめてで一生懸命になり過ぎているところがあったんでしょう。でも今年は、(田中)賢介と(糸井)嘉男が離れて、チームに何が必要なのか、課題がはっきりとわかっているので、そのためにチームが何をしなければいけないのか、こういう選手たちが育たないといけないと、はっきり見えていることが多い。すべて見えているとは言わないけど、ある程度、見えていることが多いと思いますね」

 1月23日、ファイターズはバファローズとの間で、球界をアッと言わせる2対3の大型トレードをまとめた。バファローズが獲得したのは外野手の糸井嘉男、投手の八木智哉。そしてファイターズへ入団することになったのが内野手の大引啓次、投手の木佐貫洋、外野手の赤田将吾。とりわけ、間近に迫ったWBCの日本代表にも選ばれ、チームの中でも指折りの人気者だった糸井の同一リーグへの放出は、ファイターズファンのみならず、すべての野球好きを驚かせた。

 糸井といえば4年連続で打率3割をクリア、4年連続でゴールデングラブ賞も獲得している日本球界屈指の外野手だ。ここ2年続けて最高出塁率のタイトルを獲得し、ベストナインにも選ばれている。しかしながらこのオフの契約更改では、球団が提示した1千万円増の年俸2億円という条件に糸井が納得せず、交渉が難航していた。