2012.10.25

【ドラフト】2012年ドラフトも波乱あり!?
菅野、東浜、大谷、藤浪の未来は……

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro

1位指名を明言している阪神、オリックスをはじめ、複数の球団からの指名が予想される大阪桐蔭の藤浪晋太郎 ドラフトまで一週間を切った先週末のこと。高校野球の地区大会が行なわれているある球場のスタンドで、セ・リーグ某球団のスカウトはこう嘆いていた。

「メジャーに行くなら行くで、早く言ってくれればいいのに、ここまで延びるとねぇ……。私たちプロ(NPB)の側からすれば、早く決断してほしいというのが正直なところ。大谷(翔平/花巻東高)くんを1位で考えているチームは、彼の決断によってまた戦略を練り直さないといけないわけですから」

 そしてこの翌日、大谷本人が会見を開き、正式にメジャー挑戦の意志を語った。大谷の決断を受けて、パ・リーグ某球団のスカウトは次のように語った。

「今回の大谷くんの場合、急にメジャー挑戦を言い出したわけではないので、特別バタバタすることはなかったと思います。大谷くんを1位で考えていた球団も、国内残留かメジャー挑戦かを想定して、ふたつのパターンを考えて準備をしていたはずです。ただ、今年のドラフトは本当の意味で1位に値する選手は、巨人にほぼ確定の菅野(智之/東海大)くんを除けば、東浜(巨/亜細亜大)くん、藤浪(晋太郎/大阪桐蔭)くん、そして大谷くんの3人しかいないのが実情。そこから大谷くんが抜けたわけですから、当然、東浜くん、藤浪くんに指名が集中する可能性が高いでしょう」

 その他にも何人かのスカウトに今年のドラフトについて聞いてみたが、各スカウトの話を総合すると、現状では東浜、藤浪の1位指名は5球団前後になるのではないかという。先のパ・リーグ某球団のスカウトはこんな話を聞かせてくれた。