2012.06.03

【プロ野球】決意のストレートで勝負の3年目に懸ける阪神・秋山拓巳

  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 ドラフトの秋が来て、もう一度西条に受けに行った。

「こんにちは!」

 ネット裏で田邉監督と話していたら、長身の選手がひとり、あいさつをしながら走りすぎた。

「アベサン、あれ、秋山ですよ」
「ええっ!?」

 人相が変わっていた。正確にいうと、人相が変わるほど、体を絞っていた。
 「夏」より締まってるよぉ……。

 その「変身」が彼の覚悟だったのだ。

「今の練習、夏の前にやっておけば、甲子園はもっと変わっていたと思うんですけどねぇ」

 言っても詮無(せんな)いことと、田邉監督が笑う。

 グラウンドに目を向けると、外野で走っている「スリムな秋山」が見えていた。引き締まった体躯の上に、精悍なマスク。今の秋山の姿。

 無精ヒゲが、笑った顔、悔しがる表情を余計に精悍に見せている。
 
スライダーはタテと横、カーブに、チェンジアップに、ツーシームに、今度はフォークを勉強中だといっていた高校生の頃の彼。器用だから、なんとなくなんでも投げられてしまって、じゃあ何が勝負球かと訊かれると、「……」がほんとのところだった。

 プロ3年目。

 若手なりに、商売人としての辛酸をなめて、行き着いたのが「ストレート」。ストレートをファールにさせて変化球。そんな無難なストーリーじゃ、プロでは「普通」の域を出ない。変化球で追い込んでストレート。わかっていても、差し込まれるボールの勢いは、若武者・秋山の「勢い」と見た。

 もうひと息だ、辛抱しよう。

 そして、お呼びがかかったら、その時こそが、男の勝負だ。 

関連記事