2012.05.20

【プロ野球】西武・大石達也は大学時代に背負った『負の遺産』を返せるか?

  • 青山浩二●写真 photo by Aoyama Koji

昨年は右肩痛もあって、一度も一軍登板機会がなかった大石石山建一の『選手のみかた』~西武・大石達也

 5月5日に埼玉西武ライオンズの大石達也がプロ初登板を果たしました。右肩の故障もありましたけど、本当に長かったですね。ようやくスタートラインに立ったわけで、ここからが本当の勝負になると思います。かつての自分を取り戻せば、私は必ず活躍できると信じています。

 私がはじめて大石を見たのは、彼が福岡大大濠高校の3年の時でした。実は、大石の高校の監督は、私が早稲田大の監督をしている時の教え子で、「ウチにいい選手がいるから見てくれませんか」と連絡があったんです。それで早大のセレクションを受けることになったのですが、その時のことは今でも忘れられないですね。

 セレクション当日、私は早大のOBであり、ヤクルト、西武で監督をされた広岡達郎さんと一緒に見ていました。そしてキャッチボールが始まってすぐに、私と広岡さんはひとりの選手に釘付けになったんです。それが大石でした。

 とにかく腕の振りが柔らかくて、美しい。ボールも相手のグラブに吸い込まれるようなきれいな軌道でした。たしかセレクションには30~40人ぐらいいたと思うのですが、大石はずば抜けて光っていましたね。体の動きというか、バネが他の選手とは全然違っていた。広岡さんも、「4年後のプロはもちろん、間違いなくすごい選手になる」と絶賛していました。身体能力の高さに、入部当初は野手での起用も検討されたぐらいです。しかし私は、彼の才能を発揮するのはピッチャーだと思っていました。

 ピッチャーはある程度トレーニングを積めば140キロは投げられるようになります。しかし150キロを超すとなると、天性の異質が必要になってきます。それが地肩の強さであったり、関節の柔らかさであったりするのですが、大石にはその資質がありました。だからこそ、ドラフトでは6球団から1位指名を受けたのだと思います。