2012.02.09

【今日は何の日?】藤田元司氏死去

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

現役時代の颯爽とした姿やスマートな物腰から「球界の紳士」と呼ばれていた藤田氏【2006年2月9日】
強い巨人を創り上げた名将逝く

 この日、元巨人の投手で監督も務めた藤田元司氏が心不全のため死去。74歳だった。

 藤田氏は愛媛県立西条北高校(現・西条高校)から慶応大学に進学し、東京六大学通算31勝を記録。卒業後、日本石油を経て1957年に巨人に入団。1年目から17勝を挙げる活躍で新人王を獲得。58年、59年にはそれぞれ29勝、27勝をマークし、MVPを受賞した。選手生活は8年と短かったが、通算119勝(88敗)を挙げた。

 引退後は川上哲治監督の下で投手コーチを務め、V9を支えた。そして81年には長嶋茂雄監督の解任を受けて、巨人の監督に就任。王貞治助監督、牧野茂ヘッドコーチと”トロイカ体制”を敷き、1年目にリーグ優勝、日本一を果たした。3シーズンで王氏にポストを譲ったが、89年から監督に復帰。長嶋監督が復帰するまでの4シーズンをつないだ。

 監督として通算7年でリーグ優勝4度、日本一2度。また、人心掌握術、育成術にも優れ、結果を残せず野手転向を勧められていた斎藤雅樹を球界のエースへと育て上げた。96年に野球殿堂入りを果たした。

1

関連記事