2020.05.02

野茂英雄メジャーデビュー25周年。
「トルネード」がアメリカを大きく変えた

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、日本ではゴールデンウィークが「ステイホーム週間」となっていますが、メジャーリーグでは25年前に歴史的な出来事がありました。

1995年にメジャーデビューして旋風を巻き起こした野茂英雄 1995年5月2日、サンフランシスコのキャンドルスティック・パークにて、ロサンゼルス・ドジャースの野茂英雄投手がサンフランシスコ・ジャイアンツ相手にデビュー。メジャーリーグ史上30年ぶり、通算ふたり目の日本人選手が誕生したのです。

 それ以来、メジャーの歴史は大きく変わりました。まずは何と言っても、日本人選手の評価を変えたことでしょう。

 それまでは、日米野球で日本人選手がメジャーリーガー相手に活躍すると、相手チームの監督は「アメリカに連れて帰りたい」などのコメントを残して帰っていきました。しかし、それはほとんどが社交辞令のようなもの。それを野茂投手は、メジャーに真っ向勝負を挑んで評価を覆したのです。

 1995年より以前、メジャーの球場で日本人観客を見かけることも、ほとんどありませんでした。それが、野茂投手が独特のトルネード投法と奪三振ショーで人気者になったことで、本拠地ドジャースタジアムをはじめ、どこの球場でも野茂投手の登板日は大勢の日本人で沸き返えるようになったのです。