2020.03.17

大谷翔平に背中を押され同級生が
メジャー挑戦。「本気の言葉をくれた」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Ishida Yuta

 大学では1年春に神宮へのデビューを果たしながら、その後はケガもあって通算2勝にとどまり、社会人の日本製紙石巻へ入社。去年、3年目のシーズンを終えたところでNPBからのドラフト指名を待ったがそれが叶わず、メジャーの球団との契約を目指して退社することを申し出た。背中を押してくれたのは、同級生の大谷が送ってきたLINEの文面だったのだという。小原がその中身を明かしてくれた。

「いつもLINEでスタンプを送ったり、ふざけたりしていたんですけど、真面目な話をすると、翔平って昔からちゃんとした答えが返ってくるんです。それだけは変わらなくて......今回も自分がメジャーで通用するかどうかを相談したら、『通用するかしないかじゃない、そもそも通用するかどうかという気持ちで来るんだったら最初からやらないほうがいい』『お前が自分のスタイルのなかでこれと決めたものがあるんだったら、それが必要だと思われるように最善を尽くしたらいいんじゃないのか』って返してくれました。そりゃ、響きますよね。アイツが本気で言ってくれてる言葉なんですから......」

 小原は腹を括った。

 そして海を渡る。

 この日のマリナーズが、アメリカで受けた3球団目のテストだった。バッターを相手に投げてこそ、よさが出るタイプだという小原にとって、実戦形式で行なわれたダイヤモンドバックスのテストはそれなりの手応えがあった。