2016.01.15

イチローにA・ロッド、K・ロッドも。
大記録に挑むメジャーリーガーたち

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

 メジャー16年目を迎えるイチロー選手(マイアミ・マーリンズ)は2016年、偉大なる記録にいくつも挑みます。日本でもっとも報じられている記録は、日米通算安打数でしょう。現在、イチロー選手は日米通算4213安打。ピート・ローズの保持するメジャー歴代最多安打記録、通算4256本にあとわずかと迫っています。「ローズ超え」まで、あと44本。今シーズン中に達成する可能性は高いと思います。

昨年は日米通算安打数で「球聖」タイ・カッブを抜いたイチロー ただ、これはあくまで通過点。日米通算は参考記録なので、それより大事なのはメジャー通算3000本安打ではないでしょうか。現在、イチロー選手のメジャー通算安打数は2935本。あと65本でメジャー史上30人目の金字塔を打ち立てることなります。

 2001年のメジャーデビューから10年連続でシーズン200本安打を達成したイチロー選手。ただ、2010年からは年々ヒット数を減少させています。特にここ4年間は、178本、136本、102本、そして昨年は91本と数字を下げているので、あと65本といっても決して簡単なことではありません。

 一方、メジャー通算500盗塁は目前に迫っています。現在498盗塁。あと2盗塁で大台突破です。メジャー通算3000安打&500盗塁という記録は、過去メジャーで6人しか達成していません。

 そして個人的に注目しているのは、メジャー通算2500試合出場という記録です。イチロー選手は残り143試合で大台に到達します。昨年は153試合に出場しているので、たとえ控え外野手という立場で今シーズンを迎えることになっても、記録達成の可能性は高いのではないでしょうか。2500試合出場を果たした選手は過去55人いますが、現役ではアレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース)とエイドリアン・ベルトレ(テキサス・レンジャーズ)のふたりだけ。この記録は、長くメジャーリーグで活躍したという偉大な勲章だと思います。