2021.12.09

大学トップクラスの「二刀流」で話題。日体大・矢澤宏太「投手でも野手でもドラフト1位レベルを目指す」

  • 菊地高広●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 キャッチボールのパートナーを務めた坂口翔颯(かすが/國學院大1年)は、今まで受けたことのない球筋に驚きを隠せずにいた。

「いや、もう、すごすぎて......。伸びがすごくて、だいたい『このへんかな』と予想してグラブを構えるんですけど、それより上にギューンと伸びてきて、何回も頭を越えそうになりました。しかも、コースがブレずに自分の正面にくるうえ、すごい伸びだったので。とにかく『すごい』の一言でした」

二刀流としてプロ入りを目指す日体大・矢澤宏太二刀流としてプロ入りを目指す日体大・矢澤宏太 この記事に関連する写真を見る  身長173センチ、体重70キロの細身の左腕がしなやかに腕を振り下ろす。50メートルほどの中距離投にもかかわらず、ボールは噴射されたロケットのように加速して坂口のグラブを叩く。

 ちょうどその場に通りがかった國學院大の鳥山泰孝監督が、興奮した様子で坂口にこう漏らした。

「これまで山岡(泰輔/オリックス)とかいろんな選手のキャッチボールを見てきたけど、矢澤が一番だな」

 左腕の名前は矢澤宏太。日本体育大の3年生である。矢澤は12月3日から5日まで実施された大学日本代表候補の強化合宿に招集された。

【DH制採用の首都大学リーグで「4番・投手」として出場】

 強化合宿に呼ばれた44名は、投手なら紅白戦2イニングずつ、野手なら紅白戦で6〜7打席与えられ、それぞれの技量をアピールする。ただし、矢澤だけは例外だった。投手として2イニング登板した上で、外野手としても4打席に立った。矢澤は投手としても野手としても大学トップクラスの「二刀流」なのだ。

 矢澤は二刀流について尋ねられるたび、こう語っている。

「保険をかけるつもりならやらないほうがいいと思いますが、ピッチャーでも野手でも勝負しているつもりです」

 日本体育大が所属する首都大学野球連盟はDH制を採用しているが、矢澤は今秋のリーグ戦で「4番・投手」として出場する試合もあった。

 ただし、現時点では「野手・矢澤」を支持するスカウトのほうが多いようだ。今回の合宿中に光電センサーで計測した50メートル走で、招集選手1位の5秒80を計測した快足。シートノックで格の違いを見せつけた、低く伸びるスローイング。小柄ながら爆発力のある打撃。ここまで高い次元で走攻守を併せ持つアマチュア選手など、そういるものではない。