2021.08.13

サヨナラ逆転本塁打を放った横浜の1年生・緒方漣の強心臓。「あいつならやってくれる」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 正直に告白する。バックネット裏の記者席で試合を見ていた私は、頭のなかで広島新庄の堅守について原稿を書く準備を始めていた。

 8月11日、全国高校野球選手権大会・広島新庄(広島)対横浜(神奈川)の1回戦。

 横浜は再三のチャンスを広島新庄の厚い守備網に阻まれ、8回まで無得点が続いた。9回表に広島新庄に決定的とも言える2点目が入り、試合は決まったかと思われた。

 9回裏に横浜高が無死から連打で一、三塁のチャンスをつくっても、三振と内野フライで二死に。試合を見ていたほとんどの人間が、広島新庄の勝利を確信したに違いない。

2点ビハインドの9回二死からサヨナラ逆転本塁打を放った横浜1年生の緒方漣2点ビハインドの9回二死からサヨナラ逆転本塁打を放った横浜1年生の緒方漣 この記事に関連する写真を見る  マウンドに立つ広島新庄の左腕・秋山恭平は、勝利までアウトあとひとつに迫った場面で、自信のあるストレートを投げ込んだ。

「しっかりと腕を振って投げられた」と感じた反面、「真ん中にいってしまった」とも感じたと秋山は言う。

 次の瞬間、打席に立った身長166センチの小兵が鋭くバットを振り抜いた。

「打たれた瞬間にレフトの藤川(蓮)が見送ったのを見て、ホームランとわかりました」

 試合後、秋山は涙をこらえ切れず、絞り出すように語った。

 たしかに甘いボールだったかもしれない。それでも、広島新庄に大きく傾いた流れをひっくり返すのは、並大抵ではない。サヨナラホームランを放ったのは、横浜の1年生・緒方漣だった。

 経験の広島新庄、勢いの横浜。甲子園までの勝ち上がり方は対照的な両校だった。広島新庄は春のセンバツでも1勝を挙げており、守りの要である大可尭明、瀬尾秀太の二遊間は昨年の甲子園交流試合も経験している。広島商出身である前監督の迫田守昭氏、現監督の宇多村聡監督に鍛え込まれた試合巧者だ。

 一方、横浜は大会前から前評判が高かったわけではない。前首脳陣が不祥事もあって解任となり、2020年に同校OBの村田浩明監督が就任したばかり。1ケタ背番号をつける9人のうち、4人が下級生。優勝候補の大本命だったセンバツの覇者・東海大相模が新型コロナの集団感染によって、神奈川大会を出場辞退した背景もあった。