2020.07.19

東京で注目は200センチの二刀流選手。
強豪私学には将来性豊かな左腕続々

  • 安部昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 不祥事により昨年秋の都大会を辞退した早稲田実業は、どのようなチームになっているのか。190センチの西口純生、清宮幸太郎(日本ハム)を兄に持つ182センチの清宮福太郎と素質豊かな大型打者が揃っており、彼らの仕上がりも気になるところ。

 プロからも注目の八王子実践・後藤結人は、都内でもトップレベルのスピードボールが武器の本格派右腕。この夏の活躍によって、将来が大きく変わるかもしれない。

 183センチ、85キロの早大学院・薗部将大は高校通算50本塁打以上を放つ超高校級スラッガー。最後の夏にどんなバッティングを見せてくれるのか楽しみでならない。

関連記事