2020.07.14

青森山田のエースはハンパない身体能力。
最速150キロで打も走もすごい

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by Nikkan sports

 ほかには、弘前東の右腕・山口直人も注目のひとり。昨年秋の東北大会ではエースナンバーを背負い、盛岡大付(岩手)との初戦(2回戦)で2番手として登板。130キロ前後のストレートながら小気味よく投げ込むテンポのよさが印象的な投手だ。

 野手では、青森山田の平野時矢(ときや)に注目が集まる。身長は170センチと小柄な部類に入るが、体重は100キロに迫る恵まれた体格の右のスラッガーだ。中学時代は神戸中央リトルシニア(兵庫)のメンバーとしてジャイアンツカップ8強など、全国大会を経験。

 昨年春の東北大会での盛岡四高(岩手)戦で1試合2本塁打を放ち、一躍注目される存在となった。昨年夏の青森大会では4番打者として活躍した。ケガでベンチ外となった昨年秋の悔しさを糧に、さらにスケールアップした姿を見てみたい。

 八戸学院光星の大橋匠吾は、1年時から脚光を浴びた右のスラッガーだ。昨年秋は腰の疲労骨折で出場機会を失ったが、今年5月の練習試合(八戸工大一戦)で高校通算13号となる特大アーチを放って実力を見せつけた。180センチ、90キロという堂々とした体躯は、ボディービル元日本代表の父親譲りだろう。

 昨年秋の東北大会出場組では、弘前東の佐藤一輝もシュアな打撃が光る右の好打者。3番打者として出場した東北大会では、初戦敗退となったが盛岡大付戦の9回に三遊間にヒットを放って意地を見せた。

 また東北大会8強の東奥義塾の小田桐裕也は好守が光る遊撃手。チームメイトで4番を担う原田拓茂は、東北大会の学法福島戦で高校通算18号となる逆転の本塁打を放った右の強打者だ。

関連記事