2019.08.06

「ドラフトキング」作者が甲子園の
優勝校を予想。スカウトの世界も語る

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Sportiva、Ohtomo Yoshiyuki

クロマツ先生が優勝候補に推す星稜のエース・奥川恭伸—— いよいよ夏の甲子園が始まります。クロマツ先生の注目している選手は誰でしょうか?

クロマツ 僕が応援していたチームや、見たかった選手は地方大会でだいたい負けてしまったんですよねぇ……(笑)。でも、星稜(石川)の奥川恭伸くんの完成度の高さは頭ひとつ飛び抜けていますよね。もし大船渡(岩手)の佐々木朗希くんが甲子園に出て、対決したとしても、奥川くんが投げ勝つんじゃないかと思っていました。

—— かなり高評価ですね! 奥川投手以外ではどうですか?

クロマツ 奥川くんの対抗馬と思っているのが、津田学園(三重)の前佑囲斗(まえ・ゆいと)くん。彼のストレートはお客を呼べると思います。春のセンバツでも好投しましたけど、甲子園で勝ち進むほどレベルが上がっていくような、底知れないポテンシャルを感じます。名前も個性的で、最初に見たときは読み方をネット検索しました(笑)。

—— 甲子園には行かれることもあるのですか?

クロマツ 取材として行かせていただくこともありますが、だいたいは仕事場で1日中テレビ中継を流しています。個人的にはセンターカメラからの映像が一番見やすいですね。以前にネットスカウト(インターネット媒体で活動するスカウト的観戦者)の方に話をうかがったとき、「センターカメラからのほうが球筋や打者の質がわかりやすい」と言っていたんですけど、僕も同感ですね。

—— 現場で見る楽しみはどんなところにあるでしょうか?

クロマツ 緊迫した場面での球場のひりついた雰囲気は、現場でないと味わえない臨場感があると思います。大観衆が見守る緊張感のなかで、選手がどんなパフォーマンスを見せるのか。選手のメンタル部分を見るのが、現場観戦の醍醐味ではないかと思います。

—— そんなクロマツ先生が考える、今夏の優勝チーム予想はいかがですか?

クロマツ 星稜でしょう! 2年生の投打の逸材(中森俊介投手と来田涼斗外野手)がいる明石商(兵庫)も楽しみだし、東海大相模(神奈川)の破壊力のある打線も好きなんですけど。