2019.07.17

甲斐キャノン2世と令和の牛若丸。
小兵ふたりが神奈川を盛り上げる

  • 大友良行●文 text by Ohtomo Yoshiyuki
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 甲子園出場を目指し、全国各地で熱戦が繰り広げられている。そんななか、神奈川に小兵の2年生ながらチームの中心として活躍するふたりの選手がいる。強豪校ともなれば、中学時代からシニアやボーイズなどの硬式野球経験者が多いが、今回紹介するふたりは軟式野球で実績があった逸材だ。

 そのひとりが、身長167センチの相洋高校の捕手・加藤陸久(りく/右投右打)。神奈川県足柄上郡開成町にある文命中学時代、ハマの甲子園こと横浜スタジアムで開催される軟式野球の全国大会に出場。強肩・強打の捕手だけでなく、50メートル6秒フラットの俊足ぶりも注目され、アジア選手権大会の侍ジャパンU15のメンバーにも選出された。

橘学苑の強肩・強打の2年生捕手、加藤陸久 当然ながら、多くの強豪校から誘いがあったが、加藤は地元の相洋に進んだ。

「中学2年の時から声をかけてもらっていましたし、家からも近い。それに本格的な施設もあるので、しっかり鍛えてもらえると思いました」

 入学してすぐに三塁を任され、1年秋から正捕手となった。自慢のバッティングは高校入学後、さらにスケールアップ。すでに20本以上の本塁打を放ち、今年春の県大会では4本塁打を放った。

 チームも加藤の活躍につられるように、厚木、横浜創学館、平塚学園、光明学園相模原を破りベスト8進出。そのうち横浜創学館以外はすべてコールド勝ちと圧倒的な攻撃を見せつけた。だが、ベスト4進出をかけた桐光学園との試合では、0対11の5回コールド負け。その試合を加藤はこう振り返る。

「桐光戦までは、リードはアウトコース1本で抑えられたんですが、試合ごとに研究されていくなかで、配球やクセといったところをつけ入られ、こちらの誘い球にも乗ってこなかった。さすが桐光です。完敗でした。ベスト4からはより戦いが厳しくなるので、インコースを使わないとダメですね。捕手として、劣勢になった時に投手をどう引っ張っていくかを考えないと……反省しています」