2019.04.10

星稜・奥川恭伸の未来像。
スカウトからは「絶滅危惧種」の声

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 大船渡(岩手)の佐々木朗希がU18高校日本代表の合宿で163キロを記録し、いまや”時の人”となっているが、センバツでスカウトから最も注目を集め、驚かせたのは星稜(石川)の奥川恭伸である。初戦の履正社(大阪)戦で3安打完封、17奪三振。2回戦で習志野(千葉)に敗れたものの、スカウトたちの評価は変わらなかった。奥川のすごさとはどこなのか。何人かのスカウトに聞いてみた。まずは投手出身のスカウトから。

センバツ初戦の履正社戦で17奪三振の快投を演じた星稜・奥川恭伸「ストレートと同じ軌道からスライダーが来る。しかも、その精度がこの時期としてはすばらしい。高校生じゃ打てないですよ。腰の位置の高いピッチングフォームは日本人には珍しいけど、あれは奥川独特のもの。むしろ、あのフォームが彼の長所である角度を生んでいる。今はストレートのゾーンが少し高いけど、プロで体をつくりながら投げ込めばゾーンは下げられる。問題ないと思います」

 別の投手出身のスカウトは、こう奥川を評す。

「ストレート以上の腕の振りから変化球を投げられるのが最大の長所ですね。1回戦の初回はややボールが暴れていたけどすぐに修正し、それからはコンスタントに変化球を低めに集めてきた。プロでもなかなかできない技術ですよ。僕はそれができなくて苦労したんですから(笑)。それをもう高校生の時点で習得している。終盤に150キロ近い球を投げられる体力といい、言うことなしです」

 その話をすぐ隣の席で聞いていたスカウトも、奥川の話題だとわかるとこう声をかけてきた。

「抜群ですよ……抜群。あんなピッチャー、これから先、何年も出ませんよ。球界のお宝です。まだ高校生だし伸びしろは十分あると思うんですけど、求める方向性は間違えないでほしい。鍛えれば鍛えるほど(球が)速くなる……そういうタイプじゃない。コントロールや変化球の精度を含めた”総合力”で勝負するピッチャーじゃないかな。実際のスピードより、ストレートの質を高めていってほしいですね。いずれにしても、先発完投型の逸材。球界では絶滅危惧種になりつつある 200勝投手も夢じゃないと思います」