2019.01.16

無名の存在→近大4番→ジャパン入り。
佐藤輝明の評価がうなぎ登りだ

  • 永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 佐藤が言う。

「高校時代までは引きずるといいますか、『なんで打てんのやろう』とめっちゃ考えることもあったんですけど、大学に入ってからレベルが高くなって、打てなくても『自分の技術が足りへんから打てないんだろうな』って感じで、気持ちの切り替えができるようになりました」

 高校までの実績を考えれば、佐藤にはまだまだ経験が圧倒的に足りない。大学球界には、150キロを超える投手もいれば、変化球主体の技巧派もいる。そこに惑わされず、自身のスイングを貫く技術の高さと心の強さが求められる。

「選球眼に関してはまだまだだと思っているので、とくに落ちる系の球はもっとしっかり練習して見極められるようにしたいです」

 結果を恐れず、ポテンシャルを最大限生かす。大学生活3年目を迎える今季、さらなる成長を遂げた佐藤の姿に期待したい。

関連記事