2018.08.19

2ランスクイズでサヨナラ負け。
近江が悔やむ心のスキに予兆があった

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 想定外、だった。サヨナラのランナーまで一気に還ってくるとは……。

「二塁ランナーが突っ込んで来るのは頭になかった。想定外のことが起こった」

 サヨナラ負け直後、しばらくグラウンドに突っ伏したまま動けなかった近江の捕手・有馬諒はそう振り返った。

2ランスクイズでサヨナラ勝利を飾った金足農 近江の1点リードで迎えた9回裏、金足農の攻撃は連打と四球で無死満塁。打者は今大会ここまで6打数0安打4犠打(スクイズ1)の9番・斎藤璃玖(りく)。当たっていない打者であること、準々決勝までにスクイズで3点を挙げている金足農打線であることから、スクイズがあることは予想できた。

 近江の投手は左腕の林優樹。三塁走者を背にするかたちになるため、スタートは見えない。リードを小さくするため、サードの見市智哉は三塁ベースについて守った。1点差のため、一塁走者は勝敗に関係ない。打者がバントの構えをすれば、ファーストは思い切って突っ込むことができる。必然的に、打者がバントで狙うのは三塁方向ということになる。

 斎藤に対しての3球目。カウント1-1から林が投じたのは、三塁側に転がしやすい外角低めのストレートだった。

「スクイズを外そうというのはあったけど、どの方向にやらすとかはなかった」(林)

 この球を斎藤は狙い通り三塁手の前に転がす。コース、強さともに絶妙だった。

「ランナーのスタートと同時に前に出ていきました。4つ(本塁)を刺すつもりで出て行ったけど、4つは間に合わないと判断しました。スタートは遅れてはいないです」(見市)