2018.07.05

スカウトが隠したがる2人。
岡山、富山に潜む怪腕は甲子園に現れるか

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 すでに北海道や沖縄で火ぶたが切って落とされた高校野球の地方大会。今年は100回大会という節目であり、出場校が例年の49校から56校へと増枠される。プロスカウトが注目する有望選手が聖地に登場する機会も増えるに違いない。

 すでに全国的な知名度と誰もが認める実力を持っている大阪桐蔭の根尾昂(ねお・あきら/3年)や藤原恭大(きょうた/3年)といったスター球児もいれば、その名を広くは知られていないものの、屈指の能力を持った逸材も少なくない。ここでは今夏に大ブレイクを果たす可能性がある2人の投手を紹介したい。

最速151キロを誇る倉敷商の剛腕・引地秀一郎 岡山に引地秀一郎(倉敷商/3年)という剛腕がいることは前から聞いていた。「ドラフト1位級の選手になるかもしれない」と絶賛する人もいれば、「ゲームを作れない投手だから厳しい」と懐疑的な人もいる。まさに賛否分かれる右腕である。今春、山口で開かれた中国大会でその姿を見て、衝撃を受けた。

 1球の破壊力が凄まじかった。身長188センチ、体重84キロという筋骨隆々の肉体に、「壊れてしまうんじゃないか」と心配になるほど暴力的に叩きつける腕の振り。捕手のミットを「ゴーン!」と震わせる硬質のストレートで、この日は最速147キロをマーク。自己最速は151キロだという。

 野球選手を評する際、しばしば「エンジン」という比喩が使われる。出力するパワーが大きい選手は「エンジンが大きい」と言われるが、引地はまさにこのタイプ。普通自動車の車列に1台だけダンプカーが混じっているような違和感がある。エンジンの大きさでは、今年の高校生ナンバーワンかもしれない。

 しかし、倉敷商の森光淳郎監督によると、実際には身体能力が突出しているわけではないという。

「基礎的な体力はチーム内でももっと高い選手がいます。でも、背筋がとくに強いんでしょうね。特別に体が頑丈というわけでもないですが、肩・ヒジの強さは天性のものなのでしょう」