2017.06.28

岐阜経済大のサブマリン・與座海人は
プロで牧田和久の後継者となるか

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 大学選手権での與座のピッチングは、そのまま”牧田の投球”だった。

 打者に考える間を与えない軽快なテンポで、はっきりとした変化がわかったのは横に曲がるスライダーだけ。あとは、打者にわからないようにストレートを操作し、沈む系のボールもわずかに動かしていたのだろう。

 右打者を相手にしたときはプレートの一塁側を踏み、左打者を相手にしたときはプレートの三塁側。これによってヨコの角度もつけるなど、可能な限りの工夫を駆使して打者に立ち向かった。

 與座初戦の石巻専大戦で1安打、10奪三振の完封勝利。圧巻の全国デビューを飾った。

 一時“絶滅危惧種”などと囁かれていた「アンダーハンド」を、見事に復活させてくれたのが牧田だとしたら、その後継者として一層の成長を期待できる新鋭のアンダーハンドが與座だ。

 はたして、この小兵のアンダーハンドを指名する球団はどこなのか? プロのスラッガーたちとの対戦に、夢は広がるばかりだ。

■大学野球ほか 記事一覧>>

関連記事