2012.10.02

【高校野球】大阪桐蔭・藤浪晋太郎が語る
「憧れは藤川球児投手のストレート」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 勝てる投手の条件として、藤浪は「修正能力の高さ」をいちばんに挙げたが、ひとりの投手としての理想像を尋ねると、藤川球児(阪神)の名前を出し、ストレートへの思いを語った。

「ピッチャーとしての究極の夢は、ストレート1本で抑えられること。全盛期の藤川投手はストレートとわかっていても打たれなかった。もちろん、ストレートが速いことだけがいいピッチャーとは思わないですが、いまピッチャーとして何がいちばん欲しいと聞かれたら、やっぱり藤川投手のようなストレートですね。狙われても打たれないあのボールは、究極の目標としてこれからも求めていきたいです」

 ドラフトまであと3週間あまり。藤川のいる阪神、そしてオリックスの地元球団が藤浪の1位指名を公言している。つい先日まで、「ドラフトの日にちも知らないんです」と話していたが、「さすがにもう知っています」と、運命の日をしっかりと見据えている。

 ちなみに子どもの頃は、巨人ファンで高橋由伸が大好きだったという。ただ、そうした好きな球団や地元球団への親しみもあるが、藤浪は12球団OKの姿勢を出した。その時、ふと漏らした言葉が、「育成面がしっかりしている球団に関心があります」のひと言だった。いくつかの球団が思い浮かぶが、果たして……。

 ただ、どこのチームに行ったとしても、今の自分をしっかりと見つめ、プロの世界でも勝てる投手の道を辿っていくだろう。興味は、「藤浪は1年目から活躍できるのか」ということだが、本人がその気になったのなら、可能性は十分にある。そう信じたい。

関連記事