2014.04.28

【自転車】片山右京「僕が自転車にハマッたある人との出会い」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第2回】

 世界最高峰のレース――、ツール・ド・フランスに自らのチームを率いて参戦する、と宣言した片山右京。その壮大な夢に、誰もが驚きを隠せなかった。F1、そしてヒマラヤ山脈と、片山は様々なものにチャレンジし、その夢を実現させてきた。そして今、彼は何をキッカケに、自転車という新しい分野に目を向けるようになったのか――。

(前回のコラムはこちら)

自転車競技の魅力に引き込まれたキッカケを楽しそうに語る片山右京 片山右京は、昔から自転車競技と深い関わりを持っていたわけではない。この世界にのめり込む前は、自転車のスポーツライディングに対して、むしろ揶揄するような言辞(げんじ)を弄(ろう)することもあったという。

「F1引退後に今の会社(TeamUKYO/当時の主な活動分野は四輪モータースポーツや登山)を立ち上げて、その社員の中に高校時代の陸上部の後輩がいたんです。今、自転車ロードレースのチームマネージャーをしている井上(修一氏)なんですが、その彼がある日、何かのイベントの帰りに汗だらけの恰好で事務所にやってきて、『すいません、水をください』と言うんですよ。

 何をしているんだと訊ねたら、自転車の競技です、と。どうやら、マウンテンバイクの全日本選手権に出ていたらしいんですが、相手は自分の高校の後輩ですから、『エラいね~、キミはまったく。そんなことをやって、いったい何が面白いのかねぇ』というふうに、メタボ化しかけた体型の僕は井上をからかっていたわけです(笑)」

 とはいいながら、その片山も子ども時代は、ごく普通に自転車を乗り回す少年だった。自転車マンガの先駆的作品『サイクル野郎』(1974年から1982年まで「少年キング」にて連載/荘司としお著)に触発され、中学時代にはサイドバッグ用のステー(金具)を自作して自分の自転車に取り付け、野宿ツーリングにも出かけた。