2014.04.21

【自転車】片山右京「F1、登山……。
僕が見つけた、次なる夢」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第1回】

 今から22年前の1992年、ラルースチームから日本人3人目のF1レギュラードライバーとして参戦し、F1ブームの中心にいた片山右京。「カミカゼ・ウキョウ」の愛称でF1界に旋風を巻き起こした片山は、その後も耐久レースなどで活躍し、多くのモータースポーツファンに愛された。一方、登山家としても活動し、2001年にはヒマラヤ山脈にある世界第6位のチョ・オユー登頂に成功。さらに2006年にも、世界第8位のマナスル登頂を成し遂げた。そんな多方面で活躍する片山が、現在は自転車競技チームを率いて、新たな夢を追いかけているという。彼はいったい、次に何を目指しているのか。今、50歳になった片山右京の遥かなる挑戦に迫る――。

レーサー、登山家として名を馳せた片山右京が次なる夢を語る

 おそらくこれは、片山右京が過去に行なってきた数々の挑戦のなかでも、もっとも難易度が高いものであるかもしれない。

 自身が監督を務めるTeamUKYOの、ツール・ド・フランスへの参戦――。

 ツール・ド・フランスは、自転車ロードレースの最高峰・グランツールのなかでも、そのさらに頂点に君臨するレースだ。100年以上の歴史を持ち、世界最高のチームと選手たちが3週間以上のスケジュールで3千キロ以上の距離を走破し、覇を競う。

 スポーツ競技として自転車ロードレースの人気が伸び悩む日本でも、実際の視聴観戦経験はともかく、ツール・ド・フランスの名前くらいなら聞いたことがある――という人は多いだろう。

 本場欧州では、レースが行なわれる7月になると、戦いの舞台となるフランスはもちろん、各国で生中継が行なわれ、多くの人々がテレビの前に釘付けになる。レースのオーガナイザーA.S.Oの発表によると、2013年は全世界で190ヵ国がテレビ放送を行ない、述べ35億人が視聴した。公式ウェブサイトのページビューは、7月だけで1億3300万をカウントしたという。

 その世界最高峰のレースに、片山右京は自ら率いるチームを2017年に参戦させる、と宣言した。

 もちろん、容易なことではない。