2013.11.26

【新車のツボ67《特別編》】
東京モーターショー直撃レポート

  • 佐野弘宗+Sano Hiromune+●取材・文・写真 text&photo by

【フォルクスワーゲンXL1】
 この異様に低くてスリムな2人乗りスポーツカーはコンセプトカーではない。れっきとした市販車である。ただし、販売はヨーロッパのみ250台限定。価格はなんと10万ユーロ(約1370万円!)。おそらく歴代で最も高価なVW(フォルクスワーゲン)である。

 ただ、これは速さではなく、驚異の低燃費を売りにする新世代のスーパーカーだ。2気筒ディーゼルのハイブリッドで、カーボンやアルミでかためられた車重は、軽自動車より軽い800kg以下。最高速度は160km/hしか出ないが、かわりに燃費は111km/L!!!!!!

 これは素直にスゲー。当たり前だが、最高速300km/hより111km/Lのほうが何倍もインパクトがある。普通に乗るならレトロのほうが萌えるが、やっぱこういう純粋に性能を追求した機能美もまた、マニアにはツボである。空気抵抗を徹底的に突き詰めたスタイルはあの初代ホンダ・インサイトを彷彿とさせるが、その何倍もオーラがある。素直にカッコイイ。こういうものこそ日本メーカーにやってほしかったのに……とも思うが。

【ダイハツ・デカデカ】
 これも現時点ではハリボテの純粋なコンセプトカーなのだが、似たようなコンセプトで同名コンセプトカーが出るのは今回で2回目で、デザインは前回よりはるかに現実的になっている。しかも今回はエンジンや燃料タンクなどの現実的なパワートレーンを想定したレイアウトになっていた……。

 このデカデカも軽自動車サイズに収まっている。タントやN-BOXなどのスーパーハイト大容量系より全高をさらに10cmもドーンと高くしてあり、室内はもう使いきれないくらいに巨大な箱である。

 こんだけ幅がせまくて背が高いと、走りは不安だが、最近の技術レベルなら、市街地や高速をトコトコ走るくらいなら問題なさそう。

「クルマは飛ばしてナンボ!」という私のツボにはまったく相容れないが、「高速でもエコランです、それより自転車を積みたい、あるいは自宅がせまいので物置に使いたい!?」という現代ニッポンの生活様式にはドンピシャ。商品化されたら一気に日本の国民車になりそうな予感もある。

 ……というわけで、東モでツボにきた4台を無作為に選んでみたら、結局のところ、IDxやハスラークーペのような「レトロ型」と、XL1やデカデカのように「一芸追求型」になってしまった。べつに偉そうにいうわけではないが、いまの時代に魅力的なクルマをつくるには、このどちらかの方向しかないのかも。

関連記事