2021.02.14

宮司愛海が彗星ジャパンの躍進に注目。「レミたん」土井主将が語った「勝ちビビり」とは?

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi


宮司愛海連載:『Manami Memo』 第21回

フジテレビの人気スポーツ・ニュース番組『S-PARK』とweb Sportivaのコラボ企画として始まった宮司愛海アナの連載『Manami Memo』。第21回は、世界選手権の活躍で話題となった、あの日本代表チームについて。

ハンドボール男子日本代表について記したフジテレビの宮司愛海アナ

 ハンドボール男子日本代表の快進撃をご存じですか?

 先月エジプトで行なわれた世界選手権で24年ぶりに1次リーグを突破し、メインラウンドに進出。決勝ラウンドに進むことは叶いませんでしたが、欧州選手権2位のクロアチアに引き分けるなど、存在感をしっかり残す結果となりました。

 全敗、そして最下位で終わった2019年の前回大会からいったいどんな変化、進化があったのか。主将の土井レミイ杏利選手に伺ったお話を織り交ぜながら迫っていきたいと思います。

「世界と戦うメンタル」への改革

 2015年、世界最優秀監督にも選ばれ、リオオリンピックではドイツ代表を銅メダルに導いたアイスランド人の名将 ダグル・シグルドソン氏が日本代表監督に就任したのは2017年でした。

 はじめはなかなか結果が出ず、毎大会、毎試合、試行錯誤を重ねていた日本代表。国際経験を積むという監督の方針で国際試合を多く戦いながらも、接戦で勝ちきれない状況が続いていたなか、メンタル面を常に課題に挙げ、徹底的に改善に取り組んできました。

 7戦全敗、出場国中最下位で終わった2019年の世界選手権後、代表合宿中は週に1、2回メンタルコーチによるトレーニングを取り入れます。そこで、これまでオリンピックの舞台で結果を残してきた方たちの話やストーリーをもとに、自分たちの理想のプレーについてグループディスカッションを重ねてきたそうです。