2021.11.08

上村彩子アナが見た柔道・阿部兄妹の素顔。詩選手のギャップにも魅力を感じた

  • 山本雷太●写真 photo by Yamamoto Raita

連載『上村彩子 RUN SAEKO RUN!』

■TBSの上村彩子(かみむら・さえこ)アナウンサーが現場で取材した大会でのエピソードや舞台裏、インタビューしたアスリートの魅力や意外な一面などを伝えてくれるこの連載。今回は、東京五輪の柔道で「兄妹同日金メダル」の快挙を達成した阿部一二三選手と詩選手について。インタビューを通じて感じられたふたりの兄妹愛を伝えます。

阿部一二三選手、詩選手について語ったTBSの上村彩子アナウンサー阿部一二三選手、詩選手について語ったTBSの上村彩子アナウンサー
 先日、スポーツ情報番組『S☆1(エス・ワン)』で、東京五輪で大活躍した柔道の阿部一二三選手(66kg級金メダル)、詩選手(52kg級金メダル)の兄妹にお話を伺う機会がありました。

 かつて五輪3連覇を達成した柔道家の野村忠宏さんがプロデュースする柔道教室「野村道場」のオンラインイベント後に、阿部兄妹、野村さんの3人そろってのインタビューでした。

 この日、野村さんが1996年アトランタ、2000年シドニー、2004年アテネの五輪3大会で獲得した3つの金メダルを会場に持ってきてくれていて、ずらりと並んだ金メダルを前に、阿部兄妹は大興奮。詩選手はシドニー大会のメダルを手に取り、「私が生まれた年だ!」と、笑顔を見せていました。

 私が意外に思ったのは、ふたりが野村さんから金メダルを見せてもらうのはこの日が初めてだったこと。阿部兄妹にとって野村さんは柔道の大先輩でもありますが、所属するマネジメント事務所の代表取締役という間柄でもあります。