2021.04.02

上村彩子アナが大迫傑の新たな挑戦に迫る。日本男子マラソン強化への情熱

  • 山本雷太●写真 photo by Yamamoto Raita

■TBSの上村彩子(かみむら・さえこ)アナウンサーが現場で取材した大会でのエピソードや舞台裏、インタビューしたアスリートの魅力や意外な一面などを伝えてくれるこの連載。今回は、東京五輪・男子マラソン日本代表に内定している大迫傑選手。アメリカでのトレーニングで得た教訓や、昨年から取り組んでいる後進育成のプロジェクトを紹介するとともに、大迫選手の競技への情熱を伝えます。

大迫傑選手にインタビューした上村彩子アナウンサー大迫傑選手にインタビューした上村彩子アナウンサー
 少し前のことになりますが、元日のニューイヤー駅伝2021(第65回全日本実業団駅伝)の放送にゲスト解説で出演していただいた大迫傑選手に『S☆1』でインタビューをする機会がありました。

 最初に大迫選手のモットーを尋ねたところ、「粛々と、愚直に」というものでした。一流シェフに密着するドキュメンタリー番組で見た、「日本橋蛎殻町 すぎた」の寿司職人杉田孝明さんの言葉だそうです。もともとお寿司が好きで、このお店に何度か訪れたこともある大迫選手は、「同じことの繰り返しの日々の中で自分自身が課題を見つけ出して克服する。そしてシンプルを極めていく」、そういった杉田さんの姿勢に、マラソンや陸上に通ずる部分を感じたといいます。

 マラソンもシンプルな競技だからこそ、自ら考えて課題に取り組むのが大事だと痛感している大迫選手。そうした言葉に感銘を受けたというエピソードから、普段から距離を踏むだけでなく、一つひとつのトレーニングをしっかりと考えながら、日々取り組む姿勢が伝わってきました。

 大迫選手は2015年から19年まで「オレゴン・プロジェクト」(*ナイキが長距離走選手強化のためにアメリカ拠点で活動していたチーム)に参加していました。当初、所属している世界のトップ選手たちが「何か特別な練習をしているのではないか」と期待を持って渡米したといいます。

トップアスリートでありながら後進の育成にも取り組む大迫傑選手 photo by Kyodo Newsトップアスリートでありながら後進の育成にも取り組む大迫傑選手 photo by Kyodo News