2015.01.11

太田宏介選手&武藤嘉紀選手は、
アジア杯でもっとも注目の先輩後輩コンビ

 いよいよAFCアジアカップが開幕しました。テレビ朝日では、日本対パレスチナを12日(月・祝)に地上波独占放送。私は東京のスタジオを担当します!

 今回の日本代表チームで、私が注目しているのが、武藤嘉紀選手と太田宏介選手です。

photo by Yamamoto Raita 両選手は先日、『やべっちF.C.』の「なべっちF.C.」(※)に出演してくださったのですが、普段、試合会場では聞けないエピソードをたくさん話してくれました。
※番組MCの矢部浩之さんと選手が一緒に鍋を食べながらトークをする人気コーナー

 武藤選手は、試合後のインタビューではいつもしっかりしていて、落ち着いている礼儀正しい選手。しかしこの日は、スタジアムでは見たことがない、とても無邪気なテンションで、普通の大学生の一面を垣間見せてくれました。

 現在22歳の武藤選手の年代は「プラチナ世代」と呼ばれ、宇佐美貴史選手、柴崎岳選手らも活躍しています。実は武藤選手は、試合前に宇佐美選手のプレー映像を見て刺激をもらい、イメージトレーニングをしているそうです。

 ほとんどの場合、同世代の選手は常にライバルで、お手本にすることはあまりないと私は思っていたのですが、中学、高校のころから世代別代表に選ばれて活躍している宇佐美選手は、武藤選手にとって今でも「憧れの存在」なのです。

「宇佐美選手は飛び抜けていますから!」と言う武藤選手は、宇佐美選手がバイエルンに移籍する壮行会(2011年)で初めて会ったとき「記念撮影を一緒にしてもらえて、めちゃくちゃうれしかった」と笑顔で話してくれました。

 そんな武藤選手は、ユース年代で世代別代表に選ばれた経験がないため、昨年A代表に招集されたときが、初めての日本代表入りでした。