2020.04.25

傳谷英里香さん、ランの着地を意識。地面を踏みつけて反発力アップ!

  • photo by Noto Sunao(a presto)

『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第28回●着地位置を意識して走る(第27回はこちら>>)

トップス:メッシュTシャツ/インナー:パワーフィットブラ/パンツ:ムーブクロスショートパンツ/シューズ:ウエーブライダー22(以上、ミズノ)●足を真下に着くイメージをして、地面をしっかり踏みつける

 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、ホノルルトライアスロン完走を目指してトレーニングを実施中! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第28回は、足を着く位置を意識したランのドリルを学びます。

※このロケは3月16日に行なったものです。

中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)今回は、着地位置を意識したドリルを紹介します。

傳谷英里香(以下:傳谷)よろしくお願いします!

中島コーチ ランでは多くの方が、できるだけ前に足を着こうとしてしまいがちです。膝が伸びた状態で体から遠い位置に足を着くことになり、前に進む力にブレーキをかけてしまいますから、足は体の真下に着くようなイメージを持つようにしましょう。

傳谷 真下に着くイメージだと、むしろ前に進む力が落ちてしまいそうな気がしますが。

中島コーチ 体に近い位置に足を着くと地面をしっかり踏みつけられるので、大きな反発が生まれて前に進みやすくなるんですよ。では、実際にドリルをやってみましょう。まずは2ステップでもも上げをします。地面を踏みつける足に意識を集中しながら少しずつ前に進み、何回かやったらそのまま走ってください。地面を踏みつける感覚がわかりますか?