2020.06.06

フィーゴを苦悶させた残酷なクラシコ。
バルササポの慈悲なき仕打ち

  • 中山淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images


 雨が降りしきるなか、時間の経過とともにサポーターの圧力にフィーゴの戦闘意欲が低下したように見えた。その様子は、次第にレアル・マドリードのチーム全体に伝播した。チームメイトも察していたのか、いつもならコーナーキックのキッカーを務めるフィーゴは、結局、その日は一度もコーナーキックを蹴ることはなかった。

 スタジアムを埋め尽くした9万8000人にとって、どれだけ勝利が重要だったのかはわからないが、とにかくバルサは勝つべくして勝った。そして、主役フィーゴのマンマーク役を務めた若き日のカルレス・プジョルも、サポーターのエネルギーを借りながら無事に任務を遂行し、チーム内での地位確立に向けてしっかり爪痕を残すことに成功した。

 試合後、何か得体の知れないものを目撃してしまったような妙な感覚に襲われたことをよく覚えている。待ちに待ったビッグマッチを目の前で見たにもかかわらず、心境は複雑極まりなかった。フットボールは時に残酷なスポーツであると感じたのは、それが最初で最後の経験だ。
 
 長い歴史の中で、おそらくそれは唯一無二のクラシコ。その夜のバルササポーターの慈悲なき仕打ちとフィーゴの懺悔(ざんげ)は、一生忘れることができない記憶として今も脳裏に刻まれている。


■WOWOWでラ・リーガ伝統の一戦クラシコを一挙放送!
WOWOWでは「伝統の一戦クラシコ」36試合を一挙にお届けしている。銀河系軍団の輝き、ロナウジーニョの躍動、メッシとC・ロナウドの頂上決戦などなど。名勝負の数々が今蘇る。上記の2000-01シーズン 第6節は6月13日(土)深夜0:45から放送する。
また、6月7日(日)午前10:45からは「1998-99シーズン 第22節 バルセロナvsレアル・マドリード」を無料放送でお届けする。

放送予定・詳細はこちらから>>

■今後の放送予定
6/6(土)夜10:45 2015-16シーズン 第12節
6/6(土)深夜0:45 2015-16シーズン 第31節
6/7(日)午前10:45 1998-99シーズン 第22節 ※無料放送
6/7(日)夜11:00 2016-17シーズン 第14節
6/7(日)深夜1:00 2016-17シーズン 第33節
6/8(月)午後2:00 2009-10シーズン 第12節
6/8(月)午後4:00 2009-10シーズン 第31節
6/8(月)夜6:00 2010-11シーズン 第13節
6/13(土)夜10:45 1998-99シーズン 第22節
6/13(土)深夜0:45 2000-01シーズン 第6節
6/14(日)夜11:05 2017-18シーズン 第17節
6/16(火)午前4:00 2017-18シーズン 第36節
6/20(土)夜10:45 2018-19シーズン 第10節
6/20(土)深夜0:45 2018-19シーズン 第26節
6/21(日)夜11:00 2019-20シーズン 第10節
6/21(日)深夜1:00 2019-20シーズン 第26節

※以降も伝説のクラシコを続々放送

■ラ・リーガも、6/12(金)〜リーグ戦の再開が決定!
ラ・リーガ1部は毎節最大5試合を生中継!
ラ・リーガ2部は毎節最大3試合を放送・配信!

関連記事