2019.09.19

もう悩まない。
双眼鏡はこうして選ぼう!

芸術的な素晴らしさを実感できる
 双眼鏡はどれも同じと思っている人もいるだろう。しかし本当にその場所、そのシーンに合った質の高い双眼鏡を選ぶことができたら、その芸術的な素晴らしさに感動する。

 スポーツであれば、これまでは確認できなかった円陣時の選手の細かい表情からチームの結束力が見えたり、その息づかいから疲労度がわかったりして、さらにそのスポーツの魅力を確かめられるのだ。ここでは使うシーンに応じた双眼鏡の選び方を詳しくレクチャー。これらを知ることで、きっとワクワクするような体験ができるはずだ。
 まずは6つのポイントをおさえよう。たとえばサッカー観戦で使いたいのであれば、スタジアムの広さはどのくらいなのか、昼間なのか、夜なのか、雨に濡れる可能性はあるのか、選手のどんなところを見たいのか、どんなバッグに入れて持ち運ぶのか、そんなことをイメージしながら以下のポイントを見てみよう。

【 双眼鏡選び6つのポイント 】
①シーンに合った倍率を
【スポーツ観戦】
サッカー、ラグビー、野球など屋外でのスポーツ観戦なら、8〜12倍がおすすめ。卓球、バスケットボール、フィギュアスケートなどの屋内なら4〜8倍で、会場が広い場合は8〜10倍程度で見ると便利だ。倍率が高いと手ブレする。
【コンサートの場合】
野外のコンサートなら7〜10倍程度、ホールでのコンサートなら4〜8倍程度がおすすめ。ステージ全体からアーティストの表情まで楽しみたいなら、ズーム機能付きの機種が便利。

②簡単に持ち運びするには小型・軽量タイプを
スポーツ、コンサートなどの場合は、移動時にバッグやポケットに簡単にしまえて観戦中は首から下げられ、使いたいときにサッと使える小型・軽量タイプが便利。軽ければ、長時間使っても腕の疲れが少なくてすむ。