2017.07.23

サッカー少年たちに夢の時間。
セビージャ選手がクリニックで情熱指導

  • text by Sportiva
  • 川森睦朗●撮影photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFPTPGRAFIA

  
 7月16日、ニューバランス主催のもと、来日したセビージャFCの選手たちによるサッカークリニックがJグリーン堺(大阪)で行なわれた。翌日にセレッソ大阪との親善試合を控えるセビージャの選手たちは、セットプレーの確認やサッカーバレーなど、午前中に軽めの調整を終え、リラックスした表情でグラウンドをあとにした。

 そのうち、スペイン代表GKセルヒオ・リコとスペイン人DFセルヒオ・エスクデロの2人が残り、奈良の少年サッカーチーム、クレアールFCの指導役を買って出た。少年たちに「Hola!」とスペイン語で挨拶されると、2人はにこやかに応じ、ふた手に分かれて合計15名ほどの少年たちにスペイン流の指導が始まった。

笑顔でクリニックに参加したエスクデロ「スペインの一流チームの指導を受けるという特別な機会を得られて、本当に光栄です」と、クレアールFCの監督を務める大木宏之氏は練習風景を見守りながら、そう話す。

「僕らには教えられない感覚的な部分を、子供たちに学んでもらいたいですね。教わるというよりも、感じたり、(プレーを)見て盗んだりしてほしい。セビージャの選手たちもきっと、そうして育ったはずですから。今日のうちの選手はちょっと緊張気味で、いつもより硬いですけどね(笑)」