2016.04.07

甲子園の伝説となった池田高校・蔦文也が映画でよみがえる!

高校野球を変えた男の真実

いまなお、高校野球ナンバーワンの名将として人気を誇る、池田高校の蔦文也監督。その風貌と独自の野球理論から”攻めダルマ”の愛称で全国の人々に親しまれ、山あいの県立高校を率いて甲子園で優勝3回、準優勝2回の偉業を成し遂げた。「さわやかイレブン」「やまびこ打線」、KKコンビ(桑田真澄、清原和博)擁するPL学園との対決など、数々の名シーンを生み出し、高校野球史にその名を刻む蔦文也の知られざる姿が、いまドキュメンタリーとしてよみがえる。

畠山準、水野雄仁など当時の池田高校関係者が総出演!

甲子園ブームにより一躍、全国の注目の的になった徳島県立池田高校。このドキュメンタリーは、池校野球部を築き上げた関係者たちの証言により”蔦文也の魂”を追憶するスピリチュアルムービーである。プロ野球で活躍した畠山準、水野雄仁をはじめとする歴代メンバーや、監督を支えてきたコーチや部長たちが総出演! さらに千利休を祖に持つ千玄室がともに特攻要員だった戦時中の体験を語っている。そして長年寄り添い、池校野球部の母でもある妻・キミ子の激白により、夫・父としての蔦文也の知られざる顔が明らかになる。監督は蔦文也の孫でもある蔦哲一朗、ピアノ音楽はあの新垣隆氏が担当し、作品に華を添えた。


映画「蔦監督-高校野球を変えた男の真実-」
4月9日(土)~15日(金) 全日12:15~ (126分)
新宿ケイズシネマ

4月16日~22日名古屋シネマスコーレ、5月中旬以降大阪・第七藝術劇場にて公開予定

1

関連記事