棒術&パルクールにハマる元「テラハ」タレント・田辺莉咲子「誹謗中傷で落ち込んでも笑顔でいられるのはスポーツのおかげ」

  • 小林 悟●取材・文 text by Kobayashi Satoru
  • 是永日和●撮影 photo by Korenaga Hiyori/天野英和●動画 movie by Amano Hidekazu

田辺莉咲子インタビュー 後編(全2回)

 スポーツが得意なタレントといえば、野球、バレーボール、サッカーなど特定の競技で実績を積み上げるのが一般的だろう。しかし、田辺莉咲子さんはフィットネストレーナーとして働きながら、パルクールや棒術に取り組んでいるスポーツタレントだ。一風変わった組み合わせだが、なぜ、このふたつのスポーツに惹かれたのか?

棒術やパルクールに取り組んでいる田辺莉咲子さん棒術やパルクールに取り組んでいる田辺莉咲子さんこの記事に関連する写真を見る

【11年間のバトン経験を活かした棒術】

 田辺さんが一躍有名になったのは、2019年放送の恋愛リアリティ番組『テラスハウス』(Netflix)。フィットネストレーナーという肩書きで出演したが、多種多様なスポーツを愛している。

 そのバックボーンはバトントワリングだという。音楽に合わせながら、金属の棒であるバトンを回転させたり、空中に投げたり、身体操作をするスポーツだ。小学校から高校まで11年間続け、トップレベルの選手として活躍したが......。

「バトントワリングは大会の出場費用に衣装代など、けっこう出費がかさむんです。実家が裕福ではない環境で、ぎりぎり続けてきた感じなんですよ。高校卒業後の人生を考えた時、オリンピック種目ではないし、スポンサーをつけるのも難しいバトンで自立するのは無理だなと思ったんです」

この記事に関連する写真を見る

 バトントワリングは芸術性の高い競技だ。棒状の器具を扱う技術を活かしつつ、より自由度の高いパフォーマンスができたら......そう田辺さんは考えた。

「経験を活かせるのが棒術だったんです。もともと敵と戦うことを想定して棒を扱う武術なんですが、ひとりでできるうえに点数を競うわけではないスポーツの魅力にハマりました。

 純粋に思い浮かんだ演技のとおりに体を動かすのが楽しくて。私なりにアクションを取り入れながらやっているうち、棒と身体を組み合わせた新しい動きが次々と生まれるんです」

幼少期の田辺さん(左)。子どもの頃から11年間、バトントワリングに打ち込んだ 写真/本人提供幼少期の田辺さん(左)。子どもの頃から11年間、バトントワリングに打ち込んだ 写真/本人提供この記事に関連する写真を見る

1 / 3

プロフィール

  • 小林 悟

    小林 悟 (こばやし・さとる)

    フリーライター。1981年、福井県生まれ。週刊誌『サンデー毎日』(毎日新聞出版)、『週刊文春』(文藝春秋)、『集英社オンライン』(集英社)などで食や暮らし、スポーツにまつわる話題を中心に執筆。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る