貧乏生活から「テラハ」出演のシンデレラストーリー「うわ、私って小さい!」田辺莉咲子はコンプレックスを原動力に変えた

  • 小林 悟●取材・文 text by Kobayashi Satoru
  • 是永日和●撮影 photo by Korenaga Hiyori/天野英和●動画 movie by Amano Hidekazu

田辺莉咲子インタビュー 前編(全2回)

 スポーツタレントやフィットネストレーナーとして活動する田辺莉咲子さんにインタビュー。人気リアリティー番組『テラスハウス』(Netflix)や格闘技エンターテイメント『BreakingDown(ブレイキングダウン)』などに出演し、健康的な美しさが注目された彼女は、ポジティブな雰囲気にあふれている。だがじつは、そんな田辺さんの原動力は"コンプレックス"だという。


スポーツの楽しさを発信している田辺莉咲子さんスポーツの楽しさを発信している田辺莉咲子さんこの記事に関連する写真を見る

【大好きな渡辺直美が教えてくれたこと】

 田辺さんがスポーツタレントとして活動し始めたのは3年ほど前。棒術やパルクール、キックボクシングなどさまざまなスポーツに挑戦し、フィットネストレーナーもこなしている。

「とくに力を入れているのは棒術とパルクールです。他にもキックボクシング、クロスフィット、アクロバット、卓球、けん玉などいろんなスポーツをやっていました。

 スポーツタレントと名乗り始めた当時はコロナ禍で世の中がどんよりしていました。私自身もテレビ出演の仕事が減って落ち込みましたが、SNSでフィットネスの活動をアップし続けました。

 私の活動を見たいろんな方がスポーツに興味を持ったり、身体を動かして前向きになってくれたりするような反響があったので、なにかひとつを極めるんじゃなくて、私なりに身体を活かしたパフォーマンスで人を惹きつけたい、エネルギーを届けたいと強く思うようになりました。それが私のなかでのスポーツタレントのイメージですかね」

パルクールの軽快な動きを見せてくれたパルクールの軽快な動きを見せてくれたこの記事に関連する写真を見る

この記事に関連する写真を見る

 そう語る田辺さんには、憧れの存在がいるという。

「いろんなスポーツをこなせるというと武井壮さんですが、とてつもない身体能力がある方なので、目指しているというのは恐れ多いです。女性では渡辺直美さんが大好きです。昨年、ファッションブランドの『BOSS』のショーでランウェイを歩く姿は、本当に素敵でした。

 20キロ減量したそうですが、やせ型になるまでは絞らず、渡辺さんの持ち味を活かした身体をつくっていました。私は150センチもないんですが、背が高いほうがいい、すらっとしているほううがいいみたいな価値観を気にせず、自分なりの鍛え方をしたいですね」

この記事に関連する写真を見る

1 / 4

プロフィール

  • 小林 悟

    小林 悟 (こばやし・さとる)

    フリーライター。1981年、福井県生まれ。週刊誌『サンデー毎日』(毎日新聞出版)、『週刊文春』(文藝春秋)、『集英社オンライン』(集英社)などで食や暮らし、スポーツにまつわる話題を中心に執筆。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る