日向坂46佐々木久美、現地の"熱"を届けた世界卓球での経験は「今の活動に生きています」4月からスポーツ番組MC就任で"伝える側"に

  • 佐藤主祥●文 text by Kazuyoshi Sato

【日向坂46・佐々木久美さんインタビュー前編】

 今年4月からスタートした、テレビ東京の新スポーツ番組『スポーツ リアライブ~SPORTS Real&Live~』の土曜日MCを担当している日向坂46のキャプテン・佐々木久美さん。大の読売ジャイアンツ(巨人)ファンとしても知られ、2月には世界卓球の応援サポーターとして現地の"熱"を伝えるなど、スポーツ分野でも活躍の幅を広げている。

 スポーツに関してはイチ視聴者だった佐々木さんだが、競技の魅力を"伝える側"となったいま、どんな思いでアスリートたちと向き合っているのか。MC就任当初の気持ちから、現在取り組んでいること、伝え手の重要さを知るきっかけとなった世界卓球について聞いた。

インタビューに答える日向坂46の佐々木久美さん Photo by Takahiro Idenoshitaインタビューに答える日向坂46の佐々木久美さん Photo by Takahiro Idenoshitaこの記事に関連する写真を見る

【スポーツ番組MCはライブより緊張する】

――スポーツリアライブのMCに就任した時のお気持ちをお聞かせください。

 まさか自分がスポーツニュースのMCを担当させていただく日が来るとは本当に思っていなかったので、すごく驚きました。野球を見ることはもともと好きなんですけど、これまでスポーツをした経験がなかったので、正直、不安な気持ちはありました。「私で大丈夫なのかな......」って。

 でも、番組のコンセプトとして「こういうことを視聴者に伝えていきたい」という明確なお話を聞いてからは、私自身、そういう意識でスポーツに関われたらもっと楽しいだろうなと思えるようになって。頑張ろうと決めました。

――スポーツを仕事にすることによる生活の変化はありましたか?

 はい。番組放送までの1週間の間にいろんな試合を見る機会が増えたので、よりスポーツを身近に感じるようになりました。ファンの方々からも「くみてん(愛称)がきっかけでスポーツを見るようになったよ」とか、「もともと野球好きなのを知っているから、この番組に出ている姿を見れて嬉しい」と言っていただけて、それが本当に嬉しくて。まだ約2カ月ですけど、このお仕事をやらせていただいてよかったなという気持ちです。

――実際にスポーツ番組のMCを経験した感想はどうです?

 やはり生放送というのもそうですし、選手へのインタビューにしても毎回、緊張してしまいます。日向坂46のライブのほうがまだ緊張しないかもしれないです(笑)。ライブは周りにメンバーがいますし、いつも応援してくれているファンの方に囲まれているので、ホームみたいな感覚がありますから。

 それと同じように、スポーツにもそれぞれの競技や選手の熱狂的ファンが全国にたくさんいる。そういう方々に失礼のないよう、言動には気をつけないといけないなと思うので、余計に緊張しちゃうんです。なので、スポーツに対してリスペクトの気持ちを持って向き合っていこうと、いまは心がけているところです。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る