2022.03.20

櫻坂46田村保乃「ファンには絶対に見られたくない」。JK時代はバレーボール部員、性格も激変していた

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

櫻坂46田村保乃「バレーボールな青春」
インタビュー@前編

アイドルグループ櫻坂46の中心メンバーとして活躍する田村保乃さん。昨年、自身初の写真集を発売し、シングル曲のセンターを務めるなど人気急上昇中だ。そんな田村さんはアイドルデビューする前の学生時代、バレーボール一筋のスポーツ少女だったという。そこで今回のインタビューのテーマは、田村さんの「バレーボールな青春」。前編ではバレーを始めたきっかけから、朝から晩まで練習漬けの高校時代の話までたっぷりと語ってもらった。

幼少期から大学までバレーボールをしていた櫻坂46田村保乃さん幼少期から大学までバレーボールをしていた櫻坂46田村保乃さん この記事に関連する写真を見る

●バレーボール漬けの学生時代

ーーバレーボールを始めたのは、どんなきっかけだったのでしょうか?

田村保乃(以下、田村) 幼稚園の年長の時に、2歳上の兄が友達とバレーボール教室に行くのについていって、きっとおもしろいと思ったからだったんだと思います。なぜバレーを始めたのか覚えてないくらい小さな頃からやっていました。小学生の時は地域のスポーツ少年団で、中学・高校も当然のようにバレー部を選びました。中学生の時は友達を誘って入部したんだったかな。小学校の少年団で一緒にやっていた子と一緒に入りました。

ーー子どもの頃、身長は高いほうでしたか? ポジションはどこでしたか?

田村 平均身長くらいでした。ポジションは中学からはアタッカーです。レフトもライトもやっていました。同じチームにはバレーを始めたばかりの子もいたので、経験者の私がアタッカーをするのがチームにとってメリットだったのかもしれません。その頃は、将来の夢はバレーボール選手になることだったんです。

ーー高校時代はどんな部活生活でしたか?

田村 朝起きてご飯を食べて、6時の電車に乗って学校へ行って朝練をやって、夕方から夜は部活をやって帰宅するともう22時くらいで、疲れて寝ちゃって、そうするとまたすぐ朝が来る......。そんな生活を送っていました。ケガばっかりしていたので、22時頃に帰宅したあとに病院にも通っていました。

ーーかなりハードでしたね。楽しかったこと、つらかったことは?

田村
 この頃は、「バレーボールは高校まで。燃え尽きよう」と決めていたので、ものすごく集中して取り組んでいました。楽しかったこと......なんだろう......。つらかったことはいっぱいあります(笑)。思い出すのは合宿での走り込みとかです。あれは今思い出してもきつかった。負けず嫌いなので、走り込みでもなんでもとにかく一等賞にならないと気がすまなくて。負けず嫌いは今でもそうですけど、そうなったのはバレーボールがきっかけだったと思います。