2022.03.07

ゲイを公表するダンサーkeijiro。「普通じゃない」と言われ、笑われた過去からD.LEAGUEで活躍するまで

  • text by Sportiva
  • 石川高央●撮影 photo by Ishikawa Takao

D.LEAGUE「Benefit one MONOLIZ」のkeijiroD.LEAGUE「Benefit one MONOLIZ」のkeijiro この記事に関連する写真を見る  日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」。11のダンスチームが12 ROUNDに渡って毎回新しいダンスを披露する。現在ROUND.8を終え、終盤戦に差し掛かかっている。

 さまざまなジャンルのダンスチームが集まるD.LEAGUEのなかにあって、異彩を放っているのが、Benefit one MONOLIZ(ベネフィット・ワン モノリス)だ。彼らが披露しているダンスは「VOGUE(ヴォーグ)」。このジャンルは、1960年代のアメリカが発祥と言われ、ファッション雑誌「VOGUE」のモデルのポーズに似ていたことから、この名前がつけられた。より美しいポーズ、美しい体のラインから派生し、それが動きになって昇華していったのが、今のダンススタイルだ。また同性愛者の間で創出され、世に広まっていったことでも知られている。

 そのVOGUEを主体としたBenefit one MONOLIZを象徴するダンサーのひとりが、keijiro(けいじろう)だ。彼は同性愛者であるゲイを公表し、ROUND.5の「ジェンダーレス」をテーマにしたダンスでは、中心となって美を追求した踊りを披露した。

「ジェンダーレス」をテーマにしたBenefit one MONOLIZのパフォーマンス ©D.LEAGUE 21-22「ジェンダーレス」をテーマにしたBenefit one MONOLIZのパフォーマンス ©D.LEAGUE 21-22 この記事に関連する写真を見る  keijiroがおぼろげながらゲイを認識し始めたのは、小学生のころだった。「マツコ・デラックスさんや、ミッツ・マングローブさんとかが、すごくテレビに出ていて、当時は『おかま』という言葉ではありましたが、自分に似ているなと思っていました」という。それが確信に変わったのは、中学2年の時。同じバレーボール部の男子を好きになったことがきっかけだった。

「最初はいけないことなのかなと思ったんですけど、どこかで吹っきれた自分がいました。それで中学の時に、本当に信頼できる友達に勇気を出してカミングアウトしたら、笑われてバカにされちゃったんです。やっぱりダメだったなと思って、それからはずっと隠していました」

 生きづらさを感じる日々を送っていたkeijiro。周りから「普通じゃない」と言われると、「普通って何?」と考え込むこともあった。友達の間で「好きな女の子のタイプを言い合おう」となった時には、どう言うべきなのかと気まずさを感じた経験もある。何気ない言葉の一つひとつに違和感を覚えることもあり、自分らしさとは何なのかを自問自答する毎日だった。