2021.03.29

『呪術廻戦』はプロレスに通ずる。ケンドーコバヤシが選ぶバトルシーンBEST3

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi

「特集:なぜ『呪術廻戦』にハマるのか」
(1)証言者:ケンドーコバヤシ

 現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が高まっている『呪術廻戦』。同作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の、作者・芥見下々によるダークファンタジー漫画で、コミックスのデジタル版を含む累計発行部数は3600万部を突破。昨年10月から放送を開始したTVアニメがさらなる話題を呼び、爆発的ヒットを記録している。

 芸能界でもファンが多く、『呪術廻戦』どハマり芸人も続出。そのひとりであるケンドーコバヤシ(吉本興業)は複数の番組で「今年絶対くる漫画」として紹介している。人間の負の感情から生まれる"呪霊"と、それを祓(はら)う呪術師との迫力ある戦いがファンを熱狂させているが、大のプロレス・格闘技好きでも知られる"ケンコバ"の目にはどのように映っているのか。印象に残る3つのバトルシーンや好きなキャラクターについて聞いた。

※アニメ視聴者の方にはネタバレもあります

***

『呪術廻戦』の魅力を語ったケンドーコバヤシさん『呪術廻戦』の魅力を語ったケンドーコバヤシさん ── ケンコバさんから見る、『呪術廻戦』の魅力を教えてください。

「やはり、登場するキャラクター全員が、それぞれ"矜持(きょうじ)"を持っているところが大きな魅力だと思います。そこは誰も揺るがなくて、お互いの矜恃を守るために戦っている。だから当人同士は善悪でなく、信念に基づいた行動を取っているんです。なんか、僕の好きなプロレスに通ずるところがありますよね」

── まさに今回は、そのプロレスに通ずるバトルシーンベスト3をお聞きできたらと思います。

「確かにプロレスを思い起こさせるシーンはいくつかありますね。まず3位は、パンダVS究極メカ丸(与幸吉:むた・こうきち)。作られた命であることを、あまりヘビーに受け止めていないパンダと、逆に生まれつき枷(かせ)を負った体をヘビーに受け止めすぎているメカ丸。お互い命としては恵まれていない者同士の戦いなので、胸にくるものがありました。これ本当に、『週刊プロレス』の記事にしやすいバトルやったと思いますよ(笑)。

 あとこれは余談なんですけど、実はこれ、僕のトラウマがほじくり出される戦いでもあるんです。小学1年生の頃に岡山のおばあちゃんの家に預けられている時期があったんですが、ある時、いとこと屋根の上でトランプをして遊んでいたのを、おばあちゃんにめちゃくちゃ怒られたことがあって。それがトラウマになったんです。だからパンダとメカ丸が屋根の上で戦っているのを見ている時は、当時のドキドキ感が蘇ってきました(笑)」