2020.12.26

松原江里佳が語るBリーグ川崎愛はコア目線。「上腕二頭筋がステキ」

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

嗚呼!すばらしき球団・クラブ愛 『ファン魂』
連載 第3回 松原江里佳(川崎ブレイブサンダース)

 芸能人など著名な方々が、自身が好きなプロ野球球団やサッカークラブなどについての"愛"を語る連載『ファン魂(たま)』。

 第3回目はバスケットボールのBリーグ、川崎ブレイブサンダースのファンであるフリーアナウンサーの松原江里佳さん。ファンになった経緯をはじめ、チームの魅力や今イチオシの選手など、ブレイブサンダースへの愛を思う存分語ってもらった。


選手たちの素顔を見てファンになったという松原江里佳さん選手たちの素顔を見てファンになったという松原江里佳さん

―― 東京のご出身ですが、川崎ブレイブサンダースを応援しはじめたきっかけはなんだったのでしょうか。

「今、FMヨコハマで『COLORFUL KAWASAKI』という川崎の魅力を伝える番組をやらせていただいているのですが、その中で川崎ブレイブサンダースなど川崎を元気にするスポーツチームを取材するという機会があって、その番組がきっかけでブレイブサンダースと出会いました」 

―― ご自身では何かスポーツはされていたのですか。

「中学3年間はテニスをやっていて、その後、高校では家庭部だったのですが、大学ではテニスサークルに入っていました。今は趣味でゴルフもやっていますし、卓球もすごく好きです。あとはホットヨガやジムでトレーニングもしたり、筋トレは家で毎日しています。なのでどちらかというと"観る側"というよりも"やる側"の人間だったので、どこかのチームのファンになるというのは正直、今までなかったんです。なので、ブレイブサンダースが私の"初めて"なんです」

―― ラジオ番組がきっかけで、ということですが、そこから一気にブレイブサンダースを好きになったのでしょうか。

「2018年に番組の公開収録があって、その時にゲストでブレイブサンダースの3選手がご出演されました。そこでスイッチが入った感じです。事前の打ち合わせでは真面目で寡黙な感じだったんですけど、収録に入るとファンに対しての接し方が、なんだか可愛かったんです(笑)。選手の方々がファンに対してハニカム顔が、試合中では絶対に見られないような顔で。そういうところからこのチームの方たちってすごく温かみがあるなと思いました。そこに触れた時に、ファンとして応援したいなという感じへと変わっていきました。だから試合を観たからというよりも、初めは人柄で好きになった感じですね」