2020.12.18

ジュニア世界一、元「女横綱」の今。野﨑舞夏星が振り返る大学時代

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

野﨑舞夏星インタビュー(1)
どすこい!女子相撲編

ドンマイ!AD編はこちら>>

「部活の引退間際は、早くステキなOLになりたいと思っていました」

 そう笑いながら話してくれたのは、野﨑舞夏星(まなほ)さん、24歳。昨年4月、フジテレビに入社し今年で2年目。テレビ局の社員として働いているが、名前とその顔を見てピンとくる方も多いだろう。

世界女子ジュニア相撲選手権で優勝したことがある野﨑舞夏星(まなほ)さん世界女子ジュニア相撲選手権で優勝したことがある野﨑舞夏星(まなほ)さん

 野﨑さんは、小学2年生の時に相撲を始めると、めきめきと力をつけ、数々の大会で優勝するなど好成績を収める。そして、2014年。高校3年生の時に台湾で行なわれた世界女子ジュニア相撲選手権で優勝。日本人としては、軽量級で初めて世界一に輝いた。

 その後、立命館大学に進学してからも相撲部に4年間在籍。相撲の実力に加えてそのルックスから「美女アスリート」としてさまざまなメディアに取り上げられ、スポルティーバでも2016年に取材を行なっている。

 取材した当時から野﨑さんが話していたのは、「将来はスポーツ番組のディレクターになりたい」ということ。「中学の時からずっとそう思っていました。大学4年間もその思いは続いていて、大学3年時の就職活動ではいろいろ苦戦したのですが、ご縁あってフジテレビに入社できました」

 将来の夢をかなえるべく、テレビ局に就職し、第一歩を踏み出した。そんな彼女に、まずは大学生活を振り返ってもらった。

「スポルティーバさんに取材をしてもらったのは大学2年生の時です。その時は確か右肩のケガのリハビリ中でした。その後、3年生の時に復帰するのですが、世界大会の選考にかかわる大会(国際女子相撲選抜堺大会)の1週間前にまた脱臼してしまって。

 その大会には出場したのですが、試合中にまた脱臼するなど良い結果を出せませんでした。その後、いろいろ悩んだ結果、3度目の手術を受けました。それまでは肩を脱臼しないように軽く骨を固定するぐらいの手術だったのですが、その時は骨を他のところから移植するという大掛かりな手術でした」