2020.12.18

世界一の相撲ガールがADに。野﨑舞夏星はディレクター目指して奮闘中

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

野﨑舞夏星インタビュー(2)
ドンマイ!AD編

どすこい!女子相撲編はこちら>>


「中学の時から、将来はスポーツ番組のディレクターになりたいと思っていました」

 その夢をかなえるべく、ADとして奮闘している女性がいる。野﨑舞夏星(まなほ)さん、フジテレビに入社して2年目。

 身長は160cmと小柄で一見、華奢に見える。こちらが質問を投げかけると、時に笑いながらハキハキと答えてくれる「ステキなOL」さんだ。

世界女子ジュニア相撲選手権で1位に輝いたこともある野﨑さんは現在テレビ局に勤めている世界女子ジュニア相撲選手権で1位に輝いたこともある野﨑さんは現在テレビ局に勤めている

 そんな野﨑さんだが、実はバリバリの体育会系の元アスリート。小学2年生の時に相撲を始めると、数々の大会で優勝。2014年には、台湾で行なわれた世界女子ジュニア相撲選手権で1位に輝いた。日本人としては、軽量級で初めての世界一だった。

 彼女がスポーツ番組のディレクターになりたかったのは、自身が続けてきた女子相撲やマイナースポーツと呼ばれる競技を取り上げ、多くの人に知ってもらいという思いがあるから。

 しかし、入社してすぐにディレクターにはなれるものではない。今はスポーツ番組のADとして忙しい日々を送っている。では、具体的にはいったいどんな仕事をしているのか。

「主にディレクターの仕事の手伝いです。ディレクターが必要としている資料を先回りして準備したり、選手や競技の過去の素材を出したり。

 今は『S-PARK』というスポーツニュース番組についています。例えばサッカーなら、本当にこの得点はその選手の名前で合っているのかなどを確認する資料を用意したり、ディレクターに頼まれたことをどんどんやったりしています。

 最近は若手のディレクターやADにも企画を作るチャンスをもらえる雰囲気になっていて、今年の夏には私も女子高校野球の取材をさせてもらいました」