2018.04.06

超人スイマーか? 「泳ぐたびに新記録」の
池江璃花子が世界に急接近!

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 二宮渉●写真 photo by Ninomiya Wataru

 4月4日の日本選手権水泳競技大会で、会場を大きく沸かせたのは、女子100mバタフライに出場した池江璃花子(ルネサンス亀戸)だった。

本命のバタフライ100mでしっかりと結果を残した池江璃花子(中央) 池江は今年1月の東京都新春水泳競技大会(短水路)で、出場した100m、200m自由形と50mバタフライ、200m個人メドレーの全種目で短水路日本記録をマークしている。

 さらに2月の長水路(50mプール)のコナミオープンでは、200m自由形と50mバタフライで日本記録を更新。冬場の高地合宿や、オーストラリアでの武者修行などを経て、その成果を遺憾なく発揮した。そして迎えた日本選手権では、前回の5冠達成から200m自由形を回避して、自由形とバタフライの50mと100mの4種目に絞って記録を狙った。

 その狙いは見事的中。大会初日に行なわれた100mバタフライの準決勝で早くも結果を出す。2016年リオデジャネイロ五輪で6位になった時に出した日本記録の56秒86を、0秒28更新する56秒58を出したのだ。

「56秒4くらいを目指していたので悔しい気持ちもありましたが、0秒3近いベストの更新は大きいと思う。26秒44という前半のタイムは世界でも戦えるタイムだと思うし、楽にいって前半のタイムが上がっているのは力がついたということ。後半の粘りもついているのでトータルで力が上がっていると思う」

 こう話す池江は「今考えたら準決勝は決勝並みに緊張していたので、決勝でもタイムを上げられると思う」と自信に満ち溢れた笑顔を見せていた。